ドナルド・トランプ

ドナルド・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日生まれ)。
米国の実業家、作家、不動産ディベロッパーであり、
アメリカの不動産王と称される人物です。
資産額20億ドル(約1,668億円)の大富豪としても知られています。

ペンシルバニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、
父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。
その後、不動産ブームに乗りオフィスビル開発、カジノ、
ホテルの運営などで財を成しています。

トランプタワー、トランプタージマハル、トランプマリーナなど
建物に自らの名をつけることでも有名。

幾度かの破産を経験しつつも、毎回復活する立志伝中の実業家です。


ドナルド・トランプの行動様式

① とにかく大きくイメージする

彼は、父親が小さく稼いでいることに対しての反発から、大きく稼ぐことに思考が
フォーカスされたようです。どんなプロジェクトでも、大きくイメージをします。
その中でもポイントは、既成概念を取り払うこと。いかに目立つかともいえます。

② 計画はとにかく緻密に(イメージは崩さない)

次にやろうと思ったことは、とことんリスク管理をします。
なにをしなければならないのか、コストを下げるために何が必要かなど
これでもかというくらい細かく考えます。

③ 最高の専門家を雇う

そして、これが重要ですが、必ずと言って良いほど、役割分担をします。
さらに、その役割をこなしてもらうためには、最高の人材を採用します。
そのコストは補って余りある計画を練っているからこその方法です。

④ 大きなリスクを取る
  
これが、トランプの行動を見るうえで、最も目に付くものです。
彼は、数十億円~数百億円単位の取引をすぐに実行に移せる度胸があります。
十分手は打ちますが、失敗する可能性も大きなプロジェクトに対して、
イメージした以上やらない方が良くないという判断をしているようです。
これで、大きな失敗もしますが、それをものともしない成功とつかんでいます。

⑤ 納期を前倒す
 
トランプは、建設業者だけ合って、いかに納期に間に合わすのかということに対して、
細心の注意を払って行動します。何でもすぐに行動し、できれば前倒すということを
常に心掛けて行動しています。

⑥ プランに縛られない

彼は自身も自伝で述べているように『実際家』です。
夢想かである一方、現実主義者として、プラン通り行かなければ、すぐに次の手を
考えて、行動に移します。

⑦ メディアを利用する

彼は、その職業柄メディアにたたかれることも多くありましたので、
色々メディアの使い方を学んでいます。
特に露出をいかにさせるのか、ということを、マスコミの欲しいネタは何か、
という発想で考えています。

⑧ WIN-WINで考える

彼は、自伝内では、常に行政や住人と戦っていますが、
常に解決のポイントは、お互いにメリットがある妥協点を探ることである、
ということを分かりやすく伝えてくれています。
WIN-WINとは、ともするとお互いが最大限のメリット享受できると考えがちですが、
多くの場合、お互いの妥協点を見つけるというのがWIN-WINです。

⑨ 面白くない仕事はやらない

最後に、これはドナルド・トランプほか、成功者が常に考えていることです。
面白くなければやらない。なぜならば、そこには情熱が生まれないから。
情熱をもてない仕事は、集中できず、中途半端になりがちになる。
だから、儲かるだけではなく、面白い仕事をやることが成功の秘訣です。


以上が、ドナルド・トランプの9つの行動様式。

この行動様式の中で難しいのは、
大きくイメージする ⇒ 緻密に計画を立てる ⇒ プランに縛られない
という一連の流れをぶれずに行えるかということです。

大きくイメージするとコストがかかります。
緻密に計画するとコストを絞ることになります。
そして、緻密に計画すると、そのプランを崩したくなくなります。

しかし、ビジネスは対人である以上、偏差はつきものです。
これに適した行動ができないと、大きなビジネスはできません。

成功を続けている中で、常により大きなリスクを
取りに行くというのは、成功者の秘訣です。
体外の人は、ある程度成功すると満足します。

しかし、ドナルド・トランプは、億が成功すると、数十億、
そして数百億ととの規模を広げます。
淡々と書かれるとさも当たり前に感じてしまいますが、
このステップの変化が一番乗り越えがたいものです。

チャンスは待ったら来るものではなくて、自分から捕らえに行くもの。
待つだけでは一生同じ場所にいます。捕らえに行くことによって、行動範囲が広がり、
いろんな事柄を経験して、成長していく。これが真の成功者の生き方ではないでしょうか。


ドナルド・トランプの名言

経験と実績がない場合、エネルギーと情熱を売り込むべき。

どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。

もっと大きなディール(取引)をしなければならない。


心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。


「あぁ、休みをとりたいなぁ」と思ったらその仕事はあなたに合っていない。

理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかないようなものである。

睡眠時間が短ければライバルに勝つチャンスも増える。私のやり方は非常に単純でストレートだ。

求めるものを手に入れるためには押し、押し、押しの一手だ。




【勧誘しない】ネットワークビジネスのインターネット集客法

勧誘しないでインターネットで集客する!
在宅ネットワークビジネスの実績のある成功ノウハウをお伝えしています。

選ばれる理由

以下からお申込みいただくと、動画&Web版資料とフォローメールで、
私がインターネットで展開しているネットワークビジネスをご案内いたします。

無料動画セミナーはこちら

無料動画セミナーはこちら

しつこい勧誘は一切いたしません。
個人情報を資料送付以外の目的で利用することはありません。




【関連ページ】







a:882 t:2 y:0