ネットワークビジネス ABCで本当に勧誘できる?

ネットワークビジネスの勧誘方法にABC(エービーシー)があります。


  • A ⇒【Adviser】の略
    自分の代わりに説明する人
    自分の直アップやグループのアップ
  • B ⇒【Bridge】の略
    橋渡し役の人(見込み客を連れていく人)、つまり自分
  • C ⇒【Customer】の略
    会員になってもらいたい見込み客


ネットワークビジネスを始めて間もない人Bさんは

どのようにビジネスの説明をすればいいかわかりませんよね。


ABC(エービーシー)というのはBさんに代わって経験を積んだAさんが

Cさんに説明をするという勧誘方法です。

この繰り返しで組織が広がる仕組みが、ネットワークビジネスABC(エービーシー)です。


ここでBさんはCさんが誰かをスポンサリングするときに

Aさんとなって説明役になるときのために、その方法を学びます。


Cさんの参加確立を上げるティーアップ

ゴルフでティーアップいう用語があります。

ティーグラウンドにティーを差込み

地面からボールを持ち上げて打ちやすくする。

これがティーアップです。

画像の説明


ABC(エービーシー)でのティーアップはどうするかというと、

事前にBさんがCさんにAさんのことを伝えておきます。


「Aさんって、このビジネスで成功していて○○万円も収入があるんだよー。
ね、すごいでしょー!」

と、Aさんを持ち上げてください。ワッショイ


「そんなに凄い人なら、ぜひ話を聞いてみたい」と思わせることができたら大成功!

Cさんの参加確率があがります。


Aさんが説明している間、Bさんも一緒に聞いているだけではダメです。

Aさん、Cさんの発言に対して「うんうん」と頷いたり、

その場を盛り上げることがBさんの仕事です。


この流れをティーアップといいます。


ABC(エービーシー)って本当に効果的?

右も左もわからないビジネス初心者にとって、成功者が説明してくれる。。。

「ラッキー、これなら安心!」って思うかもしれません。

でも安心してる場合じゃありませんよ!


Cさんの参加を促すためにティーアップが大事なんです。

結局ABC(エービーシー)はBさんの事前準備にかかってるんです!

私には、ティーアップやアポ取りの段階で相当難しく感じます。


だって、全然知らない人のことを絶賛されたって、

なんか怪しいし、興味持てないと思いませんか?


仮にABC(エービーシー)まで持ち込めたとしても

Cさんが用意された策略にはめられている事に感ずいたら、

信頼関係がいっきに失われ、友人でいられなくなることだってあるんです。


口コミのビジネスを続けることが難しいのは、ここに理由があるのでしょうね。

失敗したときの代償が大きすぎるんです。


だから私はインターネットでのネットワークビジネスを選びました。

自由な時間とお金を手に入れても、

親しい友人がいなくなってしまっては寂しいですからね。








勧誘しない!オンラインで集客するドテラのネットワークビジネス

勧誘しないでインターネットで集客!
ご希望の方には私が取り組んでいる、オンライン集客のみで進める
ドテラのネットワークビジネスをご案内しています。

[check]勧誘を一切しないオンライン集客法を無料で学べます。
[check]一年目に7人、二年目に25人の新規登録者を出した実績のある方法です。
[check]自宅やカフェ等、Web環境があればどこでもできます。
[check]一人も新規登録者を出せなくても収入が入る可能性があります。

詳しくは下のリンクから

ドテラビジネスについてはこちら
※しつこい勧誘は一切しませんのでご安心ください


選ばれる理由

しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください。











a:1674 t:2 y:1