バイオクリーン株式会社は、2015年に株式会社YOSAに社名変更しました。

バイオクイーン会社概要

  • 社名
    • バイオクイーン株式会社
  • 本社
    • 大阪市西区新町1-3-16 BQCビル6F
  • 創業
    • 1996年(平成8年)7月7日
  • 代表
    • 代表取締役社長 天光 仙江
  • 資本金
    • 3,600万円
  • 総販売店数
    • 55,000店
  • 売上実績
    • 60億円(平成24年度)
  • 従業員数
    • 41人(平成19年4月1日現在、派遣社員、契約社員等を含む)
  • 事業内容
    • 健康器具、化粧品、医療器具、健康食品、寝具類の製造及び販売

バイオクイーン企業理念

こころとカラダに潤いを呼び戻し、皆さまに活き活きとした毎日を
過ごしていただくことが、私たちの願いです。

  • 時代のニーズを読みとる目
  • 人の輪を大切にする心
  • 喜びの共有
  • 厳しい品質管理
  • 厳選された自然素材
  • いにしえの英知と現代科学の融合

人はいつの時代でも、健康で若々しく、美しくありたいと願い、
古代から願いを叶える方法を探し求め、
その答えの多くを自然界の植物の中に見いだしています。

バイオクイーンは、長い歴史の中で培われてきた自然の恵みを商品開発に活かし、
安全で使いやすい形にして、健康・若さ・美をみなさまにお届けしています。

バイオクイーンのYOSA

美しくなるための
バイオクイーンの全身ハーバルトリートメントシステム。
それは、YOSA

最新技術で身体を芯から温めることは、
健康を手に入れるためだけでなく、
美を手に入れるための第一段階と考えられます。

さらに医薬部外品のハーブにより、自然の恵みをプラスしました。
芯から温まり、やさしいミストで全身ハーバルトリートメントを行います。

  • ハーブ
    「癒し」をキーワードに11種のハーブを厳選し独自に調合した、医薬部外品のYOSAハーブを使用します。
  • TSC New Material
    カーボン・チタンニウム・シリコンを特殊配合した新素材TSC New Materialを使用。
    熱効率が非常に高く、高温耐久性(約1500℃まで)に優れている新素材です。
  • ミスト
    ハーブエッセンスを含むミストは全身を包み込み、お肌に潤いとハリを与えます。
  • マイナスイオン
    炭を使用することで、大量のマイナスイオンを発生させ、森林浴で癒される様な気分になります。
  • ラドン
    YOSAで着用するウェアの素材は、遠赤外線やマイナスイオンを放出するラジウムが含まれています。
  • チタニウム・ゲルマニウム
    高い保湿力だけではなく、多岐にわたる特性により健康と美容をサポートします。

バイオクイーン YOSA STEP

  1. 「YOSA hikari」を飲む
    美容素材配合のビューティードリンクで水分補給

  2. 「YOSAウェア」を着用
    遠赤外線やマイナスイオンを放出させるラドンを含んだ「YOSAウェア」でさらに代謝アップ

  3. 「ケープ」を着用
    温かいミストをしっかり封じ込めます

  4. 「YOSAチェア」に座る
    楽な姿勢で座り、45〜60分、温かいミストを浴びリラックス

  5. 「YOSA ace」を飲む
    水分とビタミン補給のため、「YOSA ace」を飲む

  6. レベル調整を行いながら身体を芯から温める

バイオクイーンは、YOSA独自の新しい「全身ハーバルトリートメントシステム」を、
経済的、時間的なご負担をかけることなく、よく多くの方にお届けすることを目的として、
YOSAPARKを全国展開しています。


バイオクイーンHPより~

☆...このHPと、上記のネットワークビジネス会社との関連はございません。




【勧誘しない】ネットワークビジネスのインターネット集客法

勧誘しないでインターネットで集客する!
在宅ネットワークビジネスの実績のある成功ノウハウをお伝えしています。

選ばれる理由

以下からお申込みいただくと、動画&Web版資料とフォローメールで、
私がインターネットで展開しているネットワークビジネスをご案内いたします。

無料動画セミナーはこちら

無料動画セミナーはこちら

しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください。
個人情報を資料送付以外の目的で利用することはありません。

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。
ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して
正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。


MLMの時代




2017年 ネットワークビジネスランキング 総合売上高

順位会社名売上高(百万円)
1日本アムウェイ98,899
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,742
4ニュースキンジャパン33,000
5ノエビア27,103
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビングプロダクツジャパン19,600
8シャルレ18,836
9ベルセレージュ本社18,500
10モリンダジャパン18,000
11ナチュラリープラス16,485
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー11,185
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17赤塚7,800
18グラントイーワンズ7,500
19イオン化粧品6,910
20セプテムプロダクツ6,800
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,300
23ネイチャーケアジャパン6,000
23サミットインターナショナル6,000
25アライヴン5,500
26アイビー化粧品5,163
27ニナファームジャポン5,050
28ザ マイラ5,030
29TIENS JAPAN(ティエンズジャパン)4,800
30YOSA(バイオクイーン4,700
31シナリー4,600
32ドテラジャパン4,560
33ライフバンテージジャパン4,300
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
34ピュアクリスタル4,000
36ペレグレイス3,630
37エクスフューズジャパン3,445
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300
40三和 株式会社3,000
41アミン2,400
42サンテクレアール2,300
43ケイエスビー2,250
44シナジーワールドワイドジャパン2,227
45ベガ(VEGA)2,176
46イオスコーポレーション2,120
47オードビージャポン2,000
47ジュネスグローバル2,000
47アイスター商事2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,000
52ローズライン1,800
53エックスワン1,750
53ハッピーファミリー1,750
55シェラバートン1,695
56カイアニジャパン1,600
57シーエムシー1,575
58アトコントロール1,554
59スターライズジャパン1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,350
62エムジーエム1,300
62日本ベスト1,300
64エコロインターナショナル1,250
65GNLDインターナショナル1,243
66IPSコスメティックス1,200
66スリーピース1,200
66エムブラン1,200
69国際友好交易1,004
70ウィンライフジャパン1,000
70マイフレンド1,000
70クレス薬品1,000
70フォーライフリサーチジャパン1,000
74ユニヴェール987
75ウイズ900
76レインボー800
76ウィル・サーチ800
78ライラック774
79ジョイ732
80エコプライム700
80遊気創健美倶楽部700
80プロティオス700
83DNA600
83ピュアーライフ600
83AIM(エイム)600
86参壽恵本舗597
87オリヴィス OriVis570
88苔善(こけぜん)560
89ビーエッチシー(BHC)530
90JMオーシャンアベニュー(JMOA)520
91NIKKEN(ニッケン)500
91ユサナ・ヘルス・サイエンス500
93アルペン総合研究所480
94アストーラ470
94ビィゴライフ470
96ピュアスター456
97セモア450
98ハンドライフリミテッド440
99エルブ400
99ラヴィ400
99ミューズ400
102スターリジャパン370
103DNAジャパン360
104エポックモア350
105コンフィアンス モビリア340
106クリエイション300
107フューチャーエナジー274
108フォーチュンインターナショナル250
109日本ビーエフ239
110ツインズ200
111ミラクル160
112SEIKAN(セイカン)150
113サンライダージャパンインク132

(2017年月刊ネットワークビジネス3月号より) ※売上高切り捨て表示






【関連ページ】








a:1129 t:1 y:0