ネットワークビジネスの確定申告について

ネットワークビジネスで収入があれば
確定申告が必要ある場合もあります。

サラリーマンの場合、会社が代わりに納税を行ってくれるので
確定申告についてあまり意識しないかもしれませんが、
ネットワークビジネスのディストリビューター
個人事業主、つまり自営業者です。

ということは、自分で確定申告を
しなくてはいけません。

確定申告......って何?

確定申告とは、所得税を納める手続きをのことで、
1年間(前年1月1日〜12月31日)の収入や経費などから
所得税額を計算し納税します。

払わなくてはならない、または払いすぎている税金がないか
自分で精算すること、これが確定申告です。

サラリーマンの人は、会社の年末調整で
払いすぎている税金があれば還付されるように、
ネットワークビジネスでも、税金を払いすぎていたら
その分のお金が戻ってきます。

どんな人が確定申告が必要か

ほとんどのディストリビューター
副業でネットワークビジネスをしていますよね。

サラリーマンなど本業の収入がある人は、
ネットワークビジネスでの所得(収入-経費)が
年間合計20万以上ある場合、確定申告をする義務があります。

また、収入がネットワークビジネスの報酬だけという
専業ディストリビューターは年間所得が38万以上で
源泉徴収をされていない場合は確定申告しなければいけません。

経費として計上できる費用はコチラをご覧ください。
 → ネットワークビジネスの経費一覧

逆にネットワークビジネスで確定申告しなくていい人は、
ネットワークビジネスで無収入だった人、
所得が1年間に38万円未満で家族の扶養に入っている人です。

ネットワークビジネス会社から振込まれるコミッション
基本的には10%の源泉所得税が引かれていますが、
一度ご自身で確認してみてください。

販売型のネットワークビジネスなら、
コミッション以外にも小売りした利益も
所得になりますから注意してくださいね!

確定申告の方法

確定申告はe-Tax(国税電子申告・納税システム)なら、
自宅のパソコンからインターネット上で出来るので
大変便利です。
 → http://goo.gl/YAopK

税務署で確定申告を行う時の必要書類は
白色申告→「確定申告書様式B」と「収支内訳書」
青色申告→「確定申告書様式B」と「青色申告決算書」

税務署でもらう以外にも
インターネット上で作成することができますよ。
 → http://goo.gl/BdQ6

税務署に直接持参して提出する他にも、
郵送で確定申告を行うことも可能です。

詳しくは国税庁のHP、
または税務署にお尋ねになってみてくださいね。








ネットワークビジネスのインターネット集客法

選ばれる理由

勧誘しないでインターネットで集客する!
在宅ネットワークビジネスの実績のある成功ノウハウをお伝えしています。

無料メールセミナーはこちら

無料メールセミナーはこちら

しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください。











a:1380 t:1 y:0