ネットワークビジネスを始めるなら販売型より購買型!

知ってますか?
ネットワークビジネスって2種類の形態があるんですよ!


小売りがある販売型

日本のネットワークビジネスの主流は小売りがある販売型
小売りがあるため、仕入れが必要です。

一定以上の仕入れをすることで、
タイトルを獲得でき、有利なポジションから
スタートすることができるという特徴があります。

タイトルを獲得すると、得られる収入が多くなります。
とても魅力的ですよね。
しかし、このシステムが多くの被害者を生み出しているのも事実です。


被害者の絶えない販売型

大量購入することによって製品を安く買えたり、
タイトルを獲得することができます。
一見良いことのように思えますが、実際は違います。

在庫を抱えたところで、小売りが出来る人なんて一握りしかいません。
だって、ネットワークビジネスに取り組んでいるほとんどの人は、
販売のプロではない「普通の人」なのですから。

画像の説明

私も販売型のネットワークビジネスに参加したときに、
70万以上のローンを組んで、押し入れの中を
製品で埋め尽くした経験があります。

売れない在庫に価値はありません!
自己消費するのだって大変ですよね?
(製品を買い取ってくれる業者にすがったり、
ネットオークションに出品する人もいるようですが。。。)

売れない在庫と多額のローン・・・
このような被害が後を絶たないのです。


小売りがない購買型

もう一つの形態が購買型です。
こちらは自己消費分だけの購入でOK!
小売りがないので、在庫を持つ必要ががありません。


同一価格に設定されているので、小売りをする意味がないんです!
製品やビジネスを人に伝えるだけ。
こらなら被害の出ようがありませんよね?


 購買型販売型(従来の一般MLM企業)
入会申込書なしあり(手続き複雑)
入会金、年会費なしあり(1万円前後)
販売(セールス)システム上必要なしあり
価格誰もが同一価格卸売価格・小売価格
在庫不要(しても意味がない)ある(販売、タイトルのため)
ビジネスの被害者いないいる(大量在庫を抱えるため)


私は今、購買型のネットワークビジネスに取り組んでいますが、
金銭的にも精神的にも、以前参加した販売型と
比べものにならないぐらい楽に活動しています。
在庫の山とローンの残高に脅えることがありませんからね。(^^)

海外で主流になりつつある購買型ネットワークビジネス。
日本でも、被害者の出ない購買型が主流になっていくでしょう。








勧誘しない!オンラインで集客するドテラのネットワークビジネス

勧誘しないでインターネットで集客!
ご希望の方には私が取り組んでいる、オンライン集客のみで進める
ドテラのネットワークビジネスをご案内しています。

[check]勧誘を一切しないオンライン集客法を無料で学べます。
[check]一年目に7人、二年目に25人の新規登録者を出した実績のある方法です。
[check]自宅やカフェ等、Web環境があればどこでもできます。
[check]一人も新規登録者を出せなくても収入が入る可能性があります。

詳しくは下のリンクから

ドテラビジネスについてはこちら
※しつこい勧誘は一切しませんのでご安心ください


選ばれる理由

しつこい勧誘は一切いたしませんのでご安心ください。











a:1791 t:1 y:0